石鹸がいらない理由

Cotoneのコットンやタオルは、どうして石鹸がいらないのでしょうか。
その理由をわかりやすく簡単にご説明します。

石鹸を使うと洗い過ぎになりやすい

石鹸、洗顔料、ボディーソープなどの主成分は「界面活性剤」です。界面活性剤とは、”あぶら”を落とす成分のことです。汚れの成分もあぶらであることが多いため、汚れを落とすのに界面活性剤は効果的です。

しかし、人の肌も”あぶら”で覆われています。このあぶらは肌の美しさを保つ上でとても大切な働きをしています。石鹸などを使うと肌のあぶらまで落としてしまい、洗い過ぎの状態になりやすいのです。それで肌が乾燥しやすくなったり、外部の刺激に対して弱くなるなど、様々な肌トラブルの原因となる場合があります。

ふわふわの綿毛で汚れを落とす

コットンやタオルは石鹸などを使わなくても、ふわふわの綿毛でお肌の汚れを落とします。「古い角質」や「毛穴の汚れ」はタンパク質汚れのため石鹸などでも落ちにくいのですが、コットンやタオルだと落としやすいです。コットンやタオルだけでお肌を洗うことで、大切な肌のあぶらは残しつつ、汚れを落とすことができます。