「洗たくマグちゃん」消費者庁から指摘。ですが効果が無いわけではありません。

おすすめブログ

2021年4月27日、洗濯補助用品「洗たくマグちゃん」が景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、洗たくマグちゃんを販売する「株式会社宮本製作所」(茨城県)は消費者庁から再発防止などを命じられました。

「ベビーマグちゃん」と「ランドリーマグちゃん」も措置命令の対象商品に含まれています。

これまで愛用してきたのに

私達もこれまで長年愛用してきた洗たくマグちゃん。

突然のニュースにとても驚きました。

多くのお客様にもこの商品を紹介してきたので、非常に申し訳ない気持ちです。

ですが、ここはひとつ冷静になって、状況をよく見てみることにします。

今回指摘された内容

消費者庁は「洗剤を使わなくても大丈夫なお洗濯」、「部屋干しのイヤな臭いをスッキリ解消!」、「菌の抑制」及び「除菌試験により99%以上の抑制効果が確認されています」等と表示していることに対して、「実際のものよりも著しく優良であると示すものであり、景品表示法に違反している」と指摘しています。

そして、措置命令の内容の一つに「今後、本件商品または同種の商品の取引に関し、表示の裏付けとなる合理的な根拠をあらかじめ有することなく、上記と同様の表示をしないこと」とあります。

消費者庁は「効果を正しく表記して販売しなさい」と言っている

ちょっとややこしいので、上の内容を簡単に表現すると、

「あなたたちが言っているほどの効果は無かったよね」

「これからは効果を正しく表記して販売しなさい」

と消費者庁は言っているわけです。

全く効果が無いので販売をやめなさい、とまでは言っていません。

効果なしは間違い

「洗たくマグちゃん効果なし」と言っているニュースが見受けられますが、それはもちろん正しくありません。

正しく情報を伝えないマスコミには憤りを覚えます。

このように間違ったニュースで「洗濯マグちゃんは効果が無い」と勘違いした人も多いのではないでしょうか。

正しい情報が伝わることを切に願います。

効果があるなら、どの程度あるのか

では、洗たくマグちゃんは効果があるなら、どの程度あるのでしょうか?

また、洗たくマグちゃんの正しい使い方は?

これらの情報は、今後、宮本製作所から公表されるのを待つしかありません。

宮本製作所には、誠意ある対応と正しい情報の公表を期待しています。

たしかにマグちゃんだけで汚れは落ちなかった

私は、洗たくマグちゃんだけで数回洗濯したことがありますが、汚れ落ちが不十分だったため、それからは洗剤と併用していました。

その時は、「洗剤なしで洗濯するには何か条件があるんだろうな」ぐらいに思っていて、あまり気にしていませんでした。

まぁ、洗剤の使用量を減らせるし、自然に優しいからいいか、ぐらいに思っていました。

洗たくマグちゃんはエコであると信じて、これからも洗剤と一緒に使っていきます。

(ちなみに、私は酸素系漂白剤(過炭酸ナトリウム)を洗剤として使っています。洗濯一回につき、酸素系漂白剤大さじ2+洗たくマグちゃん2個という感じで洗濯しています。)

【追記(2021/5/7)】公表されたマグちゃんの効果

2021年4月28日に宮本製作所がマグちゃんの効果を公表していました。公表内容は下記リンク先をご覧ください。

宮本製作所|「洗たくマグちゃん」の新パッケージにつきまして

合成液体洗剤とマグちゃんを併用した場合、合成液体洗剤だけよりも4~5%ほど洗浄効果が上がるようです。

しかし、「どれぐらいの量のマグちゃんを使った結果なのか」などが示されておらず、情報としては不十分に思います。

これからさらなる情報が開示されるのか、されないのか、わかりませんが、とりあえずはマグちゃんを使えば少しばかり効果があるようです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました