タオルの糸

Cotoneのタオルに使用している糸は、ガラ紡という昔ながらの製法でオーガニックコットン100%の生綿から作られています。では、ガラ紡で紡いだ糸は通常の糸とどう違うのでしょうか。

通常の糸は強い撚り(より)が掛かっています。撚りを掛けることで、繊維がバラバラになるのを防ぎ、糸を切れにくくしています。糸に撚りがなければ、布を織ったり、縫製することは通常できません。しかし、強い撚りを掛けると感触はどうしても硬くなります。

ガラ紡糸の撚りはとても弱く、太さにムラもあるのが特徴です。そのため、独特の風合いと柔らかな感触が生まれます。

並べてみるとその違いがよくわかります。ガラ紡糸は撚りが掛かっているのか見分けがつかないほどで、毛羽立ちが多いのが見て取れます。こんなガラ紡糸の特徴を活かすことで、石鹸などを使わずにお肌を洗えるタオルができるのです。

共有する
Share on Facebook53Tweet about this on TwitterShare on Google+0