落とすべき肌の本当の汚れ

おすすめブログ

みなさんはどういう風に顔や身体を洗っていますか?石鹸や洗顔料、ボディソープをしっかり泡立てて、泡で洗うようにしていませんか?

実は、その洗い方では本当の汚れは落とせていない上に、肌の乾燥の原因になっているかもしれません。

泡は肌に大切な脂質まで落としてしまう

泡の主成分は界面活性剤です。界面活性剤は油汚れを包んで水に溶かす性質があります。この働きにより、肌の油汚れが落ちているわけです。

しかし、肌の表面は皮脂や角質細胞間脂質などの「あぶら」で覆われています。泡は、肌に大切なこれらの脂質まで落としてしまうのです。

肌表面の脂質を必要以上に落としてしまうと、乾燥肌や敏感肌などの肌荒れを引き起こしやすくなります。

泡では古い角質や角栓は落としにくい

泡では落ちにくい肌の本当の汚れがあります。その汚れとは、古い角質や角栓(毛穴の汚れ)などのタンパク質汚れです。

この汚れは、肌のくすみやニキビの原因になります。しかしこの汚れは、肌にこびりついていて、泡でこすってもなかなか落ちません。

古い角質や角栓はコットンやタオルなどで物理的に落とすのが効果的です。

コットンやタオルだけで肌の汚れは落ちる

そもそも、肌の油汚れは量が少なく、泡を使わなくても十分に落ちます。

コットンやタオルを使うことで、肌に大切な脂質は残しながら、本当に落とすべき古い角質や角栓が落とせます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました