日々の保湿で肌が乾燥しにくくなる

おすすめブログ

みなさんは毎日きちんと保湿していますか?
きちんと保湿していると、肌の保湿機能が向上して、乾燥に強くなるようです。

日々の保湿によって乾燥しにくい肌になる

保湿は肌の潤いを保つのに役立ちますが、保湿の効果はそれだけではありません。実は、日々の保湿によって肌の保湿機能が向上し、肌が乾燥しにくくなります。その理由は、自分では気づかないほどの肌の水分量とバリア機能の低下が回復しているためです。そのわずかな肌のダメージが回復することで、より乾燥しにくい肌になっているのです。

保湿剤の塗布はちょっと忘れても大丈夫

旅行に行って保湿剤を忘れた!っていうこと、ありますよね。そんな時でも、肌トラブルのない人であれば、1日ぐらい保湿をサボっても問題ありません。日々の保湿で保湿機能が向上しているため、肌が乾燥しにくくなっているためです。乾燥肌の人でなければ、2~3日は塗るのを忘れても問題ないでしょう。

保湿剤は自分の肌に合った物を

保湿剤にも色々あり、何でもいいわけではありません。自分の肌に合った物を見つけて、それを使うようにしましょう。もともと肌の水分量が多い人はワセリンがおすすめです。ワセリンは肌から水分が蒸発するのを防いで肌を保湿します。乾燥肌の人はクリーム系がおすすめです。クリーム系は油分と水分が混ざった保湿剤なので、塗布したクリームから肌に水分が供給されます。人によっては、クリーム系とワセリンの併用も良いかと思います。自分に合った物を探しましょう。

保湿はお風呂上りが効果が高い

お風呂上りは肌が潤った状態ですので、この状態の時にすぐ保湿剤を塗ると、より長く潤いをキープできます。お風呂上がりの水分は、身体を拭いた直後からどんどん減っていきますので、出来るだけ早く保湿剤を塗るようにしましょう。

保湿は若いうちから

自分はまだ若いから保湿なんて必要ないなんて思っていませんか?肌の保湿機能は年齢と共に徐々に落ちていきます。個人差もありますが、だいたい50歳ぐらいから乾燥しやすくなるようです。若いうちから保湿を心掛けておけば、歳を重ねても潤いのある肌を長く保てます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました