オリゴ糖は肌にいいの?

おすすめブログ

腸内環境を良くすると話題のオリゴ糖。

オリゴ糖で肌は綺麗になるのでしょうか?

オリゴ糖で腸内改善→肌も改善

オリゴ糖は消化されにくく、腸まで届き、善玉菌を増やす働きがあります。

腸内環境が改善すれば、体調も良くなり、結果的に肌にもいい影響を与えます。

逆に言えば、腸内がボロボロのまま一生懸命スキンケアをしても、肌はいつまで経っても綺麗になりません。

肌を美しくしようと思ったら腸内も意識する必要があり、オリゴ糖はその一助となります。

オリゴ糖を含んだ化粧品がある

糖は口に入れる物と思われがちですが、実は化粧品にも広く使われています。

もちろん、オリゴ糖を含んだ化粧品もあります。

オリゴ糖は口に入れても、肌に塗っても、活躍する成分なのです。

砂糖の代わりにオリゴ糖

ヨーグルト、お菓子、コーヒー、紅茶など、料理で使う砂糖の代わりにオリゴ糖を使えば、甘味を得ながら腸内環境を良くできます。

ただし、オリゴ糖は砂糖に比べて甘味が弱いので使い過ぎには注意してください。

オリゴ糖は体にいいと言っても、摂り過ぎるとお腹がゆるくなるなど別のトラブルを引き起こす場合があります。

食生活を見直し、甘味の少ないメニューでも満足できるように体を慣らすのが理想的です。

「オリゴ糖を含む食材」よりもバランスの良い食事

オリゴ糖を含む食材を紹介しようと思いましたが、あまり意味が無いのでやめておきます。

オリゴ糖は果物や野菜に含まれています。

乳酸菌や食物繊維も一緒に摂ると効果的ですので、オリゴ糖ばかり意識する必要はありません。

あまり一つの成分に固執しすぎて偏食になるより、バランスの良い食事を心掛ける方がはるかに健康的です。

そもそもオリゴ糖とは

では、そもそもオリゴ糖とはどんな物質なのでしょうか。

オリゴ糖は簡単に言うと、「小さな糖が数個繋がった糖」です。

ブドウ糖などが一番小さな糖なのですが、これらが数個繋がったらオリゴ糖になり、さらにたくさん繋がるとデンプンや食物繊維になります。

ブドウ糖などの分子を「◆」で表すと、以下の様なイメージになります。

単糖類 ◆ (ブドウ糖など)

二糖類 ◆◆ (砂糖など)

三糖類 ◆◆◆ (ラフィノースなど)


多糖類(でんぷん・食物繊維)
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆…

どの糖がオリゴ糖か明確な定義はありませんが、一般的には三糖類~十糖類がオリゴ糖と呼ばれています。

オリゴ糖は、砂糖などの糖から合成したり、植物から抽出することで作られています。

オリゴ糖は何を選べばいいの?

販売されているオリゴ糖には「フラクトオリゴ糖」「ガラクトオリゴ糖」「乳糖果糖オリゴ糖」などなど、たくさんの種類があります。

さらに、同じオリゴ糖でも原料が違ったり、体に合う合わないがあるなど、初めに何を選べばいいのか悩むところです。

そこでまず初めは、「フラクトオリゴ糖」を主成分とした製品がおすすめです。

フラクトオリゴ糖は「甜菜(てんさい)」や「さとうきび」などを原料としたオリゴ糖です。

国産素材を原料とした物もあるので安心して使用できます。

あとは色々試してみて、自分のお腹に合うオリゴ糖を見つけてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました