肌にやさしい紫外線対策

ブログ

みなさんはきちんと紫外線対策をしていますか?
紫外線対策をきちんとすることで、綺麗で健康な素肌を保つことができます。

1.光老化は蓄積する

紫外線は肌が老化する主な原因の一つです。
紫外線による肌の老化を「光老化(ひかりろうか)」と言います。
光老化は蓄積するため、若いうちからきちんと紫外線対策をすることが大切です。
生まれてから今に至るまで、浴びた紫外線の量が多いか少ないかで、これからの老け方が違ってきます。
お子さんがいる方は、将来の事を考えて紫外線対策をしっかりしてあげてください。

2.肌にやさしい紫外線対策

紫外線対策と言えば、日焼け止めが頭に浮かびますが、他にも色々な方法があります。
日焼け止めによる肌への負担を考えると、日焼け止めの多用はあまりおすすめできません。
少しの外出であれば、以下のような対策でも十分効果があります。

  • 日傘をさす
  • つば広の帽子をかぶる
  • 長袖を着る
  • ストールを巻く

ただし、夏場に長袖を着たり、ストールを巻くと熱中症のリスクが上がります。
外出が長くなる場合は、熱中症に気を付けて、日焼け止めも活用しましょう。

3.肌にやさしい日焼け止め

日焼け止めには「SPF」と「PA」というものが表示されています。
この「SPF」と「PA」は値が高ければ紫外線防止効果が大きいのですが、肌への負担も大きくなります。
しかし、「SPF」と「PA」はある一定以上になると紫外線防止効果はほとんど上がりません。
そのため、「SPF」と「PA」が高くない物を選ぶことで、肌への負担を抑えることができます。
日常生活では「SPF10」「PA++」程度の日焼け止めで十分です。
強力な日焼け止めの使用は、レジャーなどで紫外線を多く浴びる場合に限りましょう。
あと、日焼け止めは一度にたくさん塗るよりも、こまめに塗り直す方が効果があります。

4.紫外線は恐れすぎてもダメ

紫外線対策は重要ですが、やり過ぎてもいけません。
日光を浴びることで骨の形成に必要なビタミンDが生成されるためです。
食事で十分なビタミンDが摂取できれば問題ないのですが、日光を少し浴びた方が簡単です。
外で活動しない日は日焼け止めを塗らないようにしましょう。
室内にいても窓やカーテンを開けておけば、日光は壁や床に反射して少し入ってくるので、それを浴びることができます。
朝や夕方は紫外線の量が少ないので、外に出るのが通勤や通学だけの場合も日焼け止めは必要ないでしょう。
ちょっとした買い物や用事で5分~10分ほど外出する場合も日焼け止めは塗らなくていいです。
必要以上に紫外線を恐れずに、健康的な生活を心掛けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました