ニキビの本当の原因はアクネ菌じゃない

おすすめブログ

ニキビの原因に思われがちなアクネ菌。

実は、アクネ菌はニキビの本当の原因ではありません。

それどころか、アクネ菌は肌に必要な皮膚常在菌なのです。

ニキビの本当の原因

結論から言うと、ニキビの本当の原因は「毛穴の詰まり」です。

その理由はニキビ(赤ニキビ)が出来るメカニズムを見ればわかります。

毛穴が詰まる
 ↓
皮脂が排出されにくくなり毛穴に溜まる
 ↓
アクネ菌が異常に増殖する
 ↓
炎症が起きて赤ニキビになる

ご覧の通り、まずは毛穴が詰まり、それからアクネ菌が増殖しています。

毛穴が詰まらず、皮脂が適度に排出されていれば、アクネ菌が異常に増殖することは無く、ニキビにもなりません。

ニキビの本当の原因はアクネ菌ではなく、毛穴の詰まりなのです。

毛穴の詰まりを防ぐには

毛穴が詰まる原因は色々あります。

皮脂の過剰分泌、ホルモンバランスの乱れ、古い角質、角栓、メイクなどの汚れ残り、年齢などなど。

生活習慣や食事の乱れ、ストレスも結果として毛穴が詰まる原因になります。(皮脂の過剰分泌やホルモンバランスの乱れに繋がるため)

毛穴の詰まりを防ぐには、まず生活習慣や食事を見直し、適度な運動を取り入れ、ストレスを減らさなければなりません。

次にメイク、スキンケア、洗顔を自分の肌に合った方法にする必要があります。

なんか漠然としていますが、肌質や体質、生活習慣には個人差があるので、決まった答えがありません。

色々と調べ、試行錯誤しながら、自分に合った方法を見つけてください。

アクネ菌の正体

冒頭でもお伝えした通り、アクネ菌は皮膚常在菌です。

皮膚常在菌とは、皮膚上にいつも存在している菌のことで、人と共存しています。

アクネ菌もほとんどの人の皮膚や毛穴にいて、重要な働きをしています。

その働きとは、皮脂を分解して脂肪酸を作り、肌を弱酸性に保つ働きです。

肌が弱酸性に保たれると、外から来る有害菌の繁殖を防ぐことができます。

以前はニキビの原因と思われ、嫌われていたアクネ菌ですが、実は人にとって必要な菌なのです。

「毛穴の中まで洗う」に違和感

洗顔料や洗顔用品の宣伝を見ていると、「毛穴の中まですっきり」みたいなイメージを使っているものが多いように感じます。

毛穴の中は皮脂で満たされている状態が自然なので、毛穴の中まで洗う必要があるのか疑問です。

確かに、毛穴の中まで洗えばアクネ菌は減りますが、アクネ菌はニキビの本当の原因ではありません。

いつも毛穴の中まで洗っていると、肌が乾燥した状態になり、皮脂の過剰分泌を引き起こし、毛穴が詰まる原因になる可能性も考えられます。

ニキビを減らすつもりが、逆にニキビを増やすことになっているかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました